ナイトブラのススメ

バストケアと一言で言っても数え切れないくらいいろいろな方法が存在しています。

例えばバストアップを目的としてたバストケアに限っても、エクササイズ、リンパマッサージ、食事改善、バストアップサプリ、姿勢の矯正、バストアップクリーム、ナイトブラなどたくさんあってキリがありません。

この中でバストの重力による垂れ、下垂を物理的にサポートしてくれるのはナイトブラだけなんです。

なので、周りの人にはしつこいくらい何度も言っているのですが、私はバストケアにナイトブラをおススしています。

ナイトブラは寝ているときにつけるもの、重力による加水と関係あるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、バストの下垂は夜寝ている間に進行してしまうと言っても過言ではありません。

どういうことか説明しましょう。

なんでナイトブラが必要なの?

バストの下垂は、デコルテあたりからバストを吊橋のように吊り上げているクーパー靭帯という靭帯が引っ張られて伸びてしまうことで進んでいきます。

ビニール袋やラップ、Tシャツなんかを思い浮かべてみてください。

伸ばしてしまったら伸びっぱなし、もとに戻りません。

クーパー靭帯も同じように伸びたら戻らないんです。

これを以下に伸ばさないかが下垂対策の肝です。

昼間のバストは下から支えるだけでいい

昼間立って生活している間は、バストに対して下方向に重力がかかります。

このときブラジャーをしていなければ、バストにダイレクトに重力がかかりモロに下垂が進行してしまいますが、日中はほとんどの方がブラジャーをしていると思います。

つまり日中の重力対策はほぼすべての女性がすでにできています。

日中はバストを下から支えればそれでOKなので重力対策は簡単なんです。

夜間のバストはあらゆる方向に引っ張られる

一方で夜間はどういう事が起こるかと言うと、横になったりうつ伏せになったり寝返りを打ったりバストにかかる力の方向がコロコロ変わります。

ノーブラで寝るのは論外ですが、昼用のブラを付けてもほとんど意味をなしません。

寝ている間におっぱいは色位色な方向に引っ張られて、クーパー靭帯も伸びていきます。

昼用のブラはバストを下から支えてサポートすることに特化していて、夜のバストの動きを想定して作られていないんです。

下から支えとけば良いんでしょ?的なズボラさんなんです。

ナイトブラは唯一にしてマスト

このように盲点だった寝ている間にバストの下垂が進んでしまうという事体に対して、寝ている間のバストの動きを抑えてバストをサポートしてくれるように開発されたのがナイトブラです。

例えばバストアップ効果に定評のあるナイトブラのモテフィットなんかを見てもらうとわかりますが、ワイヤーでは対応できない夜のおっぱいの動きをゴムのように伸びる素材を使用することで解決しています。

今のところ、この夜間のバストにかかる重力対策機能を持つ商品はナイトブラだけです。

つまりナイトブラは、バストの下垂対策には避けて通れない夜間のクーパー靭帯保護対策にとって、唯一にしてマストな品物なんです。

バストアップ、バストケアはいろいろな方法を組み合わせて行っていくものですが、このような理由から、ナイトブラを外して考えることはできない、というか外してしまうのは無謀なんだということを覚えておいてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です