ナイトブラは種類がいっぱい

常日頃バストケアにナイトブラを勧めまくっているわけですが、力説を振りかざしてようやく私の意見に賛同していただいても、「じゃあどれを買えばいいの?」という話になります。

そう、ナイトブラはとっても種類が多すぎて、そのこと自体は市場としても非常にいいことだとしても、その裏でナイトブラ迷子を大量に生み出してしまっているんです。

初めてナイトブラを買うならコレ

ナイトブラもだいぶ知名度が上がり市民権を得てきました。

ナイトブラについて聞いたことがあったりネットの広告なんかを見たことがある方なんかは、ナイトブラと聞いてすぐにイメージができると思います。

おそらく黒くて地味でスポーツブラのような外観をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

私が説得してナイトブラをはじめようとしている方に、そのような地味なナイトブラをおすすめすると十中八九、引かれます(笑)

なので、ナイトブラについて全くわからないような方にはふんわりルームブラを紹介しています。

ふんわりルームブラは今一番売れているナイトブラなので、すでにご存知のかたも多いかもしれません。

ナイトブラにレーシーなデザインを導入してナイトブラのイメージを覆したマイルストーン的なナイトブラでもあります。

とにかくデザインが可愛くて、昼用の素敵なブラジャーにも引けを取らないうえに、ノンワイヤーで着けていて楽なので、オススメしたほとんどの方が喜んでくださいます。

ふんわりルームブラの口コミなんかを参照していただければ、その評判と完成度の高さがわかっていただけると思います。

ベテランは原点回帰

私自身は夜用のブラは飾り気のないスポブラチックで機能を追求したようなタイプのほうが好みです。

もちろんふんわりルームブラも機能的には甲乙つけがたいくらいよくできています。

私も愛用していました。

ただ人間、結局楽な方へ楽な方へと堕ちていってしまうんです(笑)

レースの付いたタイプは慎重に扱わないとダメにしてしまいがち。

毎日使うことを考えると、丈夫で長持ちして洗濯機でガシガシ洗えて爪などに引っかかりづらいシンプルなタイプを所望し始めます。

そして買い換えるタイミングでそちらに切り替える(笑)

ナイトブラは種類がいっぱい数あれど…

ナイトブラは本当にたくさんの種類が出てきました。

でも結局、我々消費者の目線で考えると、大きく2種類に大別できます。

そう、いま言った、可愛らしさで女子の気持ちを上げてくれるタイプ、とシンプルで丈夫で扱いが楽なタイプです。

そのナイトブラが「バストを全方位からしっかり支えてくれる機能がきちんとしていること」を前提として、可愛らしさを優先するのか部屋着的なリラックス感を優先するのかで選べば、ナイトブラ迷子にならなくて済むということです。

あなたもナイトブラの森のなかで迷子になりそうになったら、今紹介した基準を思い出してみてください。

きっと役に立つんじゃないかと思います。

ナイトブラのススメ

バストケアと一言で言っても数え切れないくらいいろいろな方法が存在しています。

例えばバストアップを目的としてたバストケアに限っても、エクササイズ、リンパマッサージ、食事改善、バストアップサプリ、姿勢の矯正、バストアップクリーム、ナイトブラなどたくさんあってキリがありません。

この中でバストの重力による垂れ、下垂を物理的にサポートしてくれるのはナイトブラだけなんです。

なので、周りの人にはしつこいくらい何度も言っているのですが、私はバストケアにナイトブラをおススしています。

ナイトブラは寝ているときにつけるもの、重力による加水と関係あるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、バストの下垂は夜寝ている間に進行してしまうと言っても過言ではありません。

どういうことか説明しましょう。

なんでナイトブラが必要なの?

バストの下垂は、デコルテあたりからバストを吊橋のように吊り上げているクーパー靭帯という靭帯が引っ張られて伸びてしまうことで進んでいきます。

ビニール袋やラップ、Tシャツなんかを思い浮かべてみてください。

伸ばしてしまったら伸びっぱなし、もとに戻りません。

クーパー靭帯も同じように伸びたら戻らないんです。

これを以下に伸ばさないかが下垂対策の肝です。

昼間のバストは下から支えるだけでいい

昼間立って生活している間は、バストに対して下方向に重力がかかります。

このときブラジャーをしていなければ、バストにダイレクトに重力がかかりモロに下垂が進行してしまいますが、日中はほとんどの方がブラジャーをしていると思います。

つまり日中の重力対策はほぼすべての女性がすでにできています。

日中はバストを下から支えればそれでOKなので重力対策は簡単なんです。

夜間のバストはあらゆる方向に引っ張られる

一方で夜間はどういう事が起こるかと言うと、横になったりうつ伏せになったり寝返りを打ったりバストにかかる力の方向がコロコロ変わります。

ノーブラで寝るのは論外ですが、昼用のブラを付けてもほとんど意味をなしません。

寝ている間におっぱいは色位色な方向に引っ張られて、クーパー靭帯も伸びていきます。

昼用のブラはバストを下から支えてサポートすることに特化していて、夜のバストの動きを想定して作られていないんです。

下から支えとけば良いんでしょ?的なズボラさんなんです。

ナイトブラは唯一にしてマスト

このように盲点だった寝ている間にバストの下垂が進んでしまうという事体に対して、寝ている間のバストの動きを抑えてバストをサポートしてくれるように開発されたのがナイトブラです。

例えばバストアップ効果に定評のあるナイトブラのモテフィットなんかを見てもらうとわかりますが、ワイヤーでは対応できない夜のおっぱいの動きをゴムのように伸びる素材を使用することで解決しています。

今のところ、この夜間のバストにかかる重力対策機能を持つ商品はナイトブラだけです。

つまりナイトブラは、バストの下垂対策には避けて通れない夜間のクーパー靭帯保護対策にとって、唯一にしてマストな品物なんです。

バストアップ、バストケアはいろいろな方法を組み合わせて行っていくものですが、このような理由から、ナイトブラを外して考えることはできない、というか外してしまうのは無謀なんだということを覚えておいてほしいと思います。